日本臨床幹細胞研究会

一般社団法人日本臨床幹細胞研究会は、脂肪由来間葉系幹細胞をはじめとする、私達のからだのなかにもともと自然に備わっている「体性幹細胞」を利用した再生医療・細胞治療の、健全な発展と普及、研究の促進に寄与することを目的として設立されました。医療機関が実際に患者様に臨床で幹細胞治療を行うためには、治療の内容を詳細に記載した書類である「再生医療等提供計画」の厚生労働省への提出が義務付けられております。当法人では、第一種、第二種、第三種すべての再生医療等の審査が可能な「特定認定再生医療等委員会」を設置し、再生医療等提供計画の審査および指導と、提供計画の必要添付書類である委員会意見書の作成等の業務を行います。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

特定再生医療等委員会

平成26年11月25日に厚生労働省から「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」(再生医療等安全性確保法)が施行されました。この法律は、再生医療等の安全性の確保等を図るため、再生医療等の提供期間及び細胞培養加工施設についての基準を新たに設けたものです。安全な再生医療を迅速かつ円滑に提供等を図ることを目的としています。

当社は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成25年法律第85号)」に基づき、
再生医療等委員会認定の証明書(平成27年11月30日付)が厚生労働省より発出されました。

つきましては、医療機関からの再生医療等の審査に関するご相談および審査依頼を随時受け付けております。お気軽にご相談ください。

認定証